Hayachine Made

「本染め刺子ダウンジャケット」がIWATE FOOD & CRAFT AWARDでグランプリ受賞

CONCEPT

その名は『The Authentic Down Jacket』

極寒の地に挑む冒険家のためのダウンウェアから

海外でコレクションを発表するブランドまで

様々なオーダーに対応してきた

ダウンウェア専門工場が岩手にあります。

実はMade in Japan のダウンウェアは数少なく

ほとんどは海外で製造されています。

「Hayachine Made(ハヤチネメイド)」は

冬の寒さの厳しい北東北のダウンウェア専門工場が

これまで培った製造のノウハウを詰め込み

本気で企画製造したダウンウェアブランドです。

防水性、防寒性の高い生地を使用し

余分な装飾を排除したストイックなデザインで

内側には充分な収納力を持つ

多機能ポケットを設けました。

ダウンウェア専門工場だからこその

こだわりを詰め込んだ

長く愛用できるシンプルで機能性の高い

『The Authentic Down Jacket』

その名の通り、専門工場が妥協なくつくった

「本物」のダウンジャケットです。

タウンユースで最高のダウンジャケットを。

『The Authentic Down Jacket』は、冬の寒い時期に

街中でスーツの上に着ることを前提に開発されました。

ジャケットの裾がはみ出ないように

着丈を長めに仕立ててあり、

スーツに似合うシンプルなシルエットです。

通勤着としての見た目と機能性を重視して、

タウンユースではあまり使用しないフードをなくし、

高めのスタンドカラーの首元まで

ファスナーを上げることで

寒さや風雨から身を守ります。

  見た目のシンプルさにこだわり、

  表面にはダウンのステッチを出さないように縫製し

  ハンドウォームポケットのみを配しました。

  その分、内側にはスマホや長財布はもちろん、

  雑誌やタブレットなども納められる

  多機能な大型のポケットを4カ所設けました。

  寒い季節でも気軽な気分で外に出かけて欲しい

  そんな思いが込められています。

ダウンウェア専門工場のノウハウを詰め込んだトリプル撥水。

表生地には東レの先端テクノロジーから生まれた

防撥水生地「DELFY®」を使用。

引っ張りや摩擦に強いタテ70d・ヨコ280dのナイロン糸を

使用した防撥水性に優れた生地を採用しています。

表面には雨を弾く優れた撥水加工を施し、

裏面には0.2mm厚のPVCをラミネーション加工し、

強度と防水性を高めています。

裏生地にも撥水加工された軽量高密度タフタ素材を使用、

内ポケットの中の水濡れも防ぎます。

 表面の縫い目をできるだけ少なくし、

 肩口や袖、脇の縫代にも水を通さない

 シームテープを内側から貼った

 防水構造となっていますので、

 街中での雨や雪は完全にシャットアウト。

 アウトドアスポーツでも安心して使える

 高い防水性を備えています。

中身のダウンも撥水性加工されており
 
ダウンの表面にホコリとヨゴレが吸着しにくく

嫌な臭いがしません。

また、使用するダウンは全て食肉用に飼育された

ダックの副産物を活用し、環境保護と動物愛護の

視点にも配慮しました。

世界で最も厳格な環境保護及び労働者と消費者の

安全の基準としてスイスの繊維業界の認定した

Bluesign®︎指定工場で生産した

ダウンを使用しています。




シルエットが綺麗なスーパーウォームと、極寒の地でも安心なエクストラウォーム。

ダウンの品質を表すFP(フィルパワー)。

フィルパワーとはダウンの反発力・復元力のこと。

同じ量のダウンの場合、

フィルパワーが高いほうが大きく膨らみ

たくさんの空気を含むので保温力が高くなります。

一般的には600フィルパワーがあれば十分、

700フィルパワー以上あれば

高品質のダウンといわれています。

『The Authentic Down Jacket』

スーパーウォームは、

高品質で登山にも使えるという

700FPのダウンをたっぷり150g使用。

エクストラウォームではスーパーウォームの

約1.3倍の200gのダウンを入れ、

極寒の地でも十分な暖かさを保ちます。

  ITEM LIST